Image by ©Mora Film Co.,https://www.morafilmcompany.com/

MYOJO USAは麺作りに誇りを持っています。使用する小麦粉選びからこだわり、多種多様なスープにあわせて丹精込めて作っています。
小売商品、業務用商品ともに麺の食感にこだわり、皆様に真の日本の麺を味わっていただくために、常に新鮮さを追求しています。

麺はどのように製造されるのか?

Step 1. Prep and Mix

基本的な麺は、小麦粉、水という2つの主原料で作られています。副原料としてかん水、卵、塩、その他の小麦粉があります。麺の食感や色は材料の種類によって異なりますが、それらの材料を混ぜ、麺帯にしていきます。

Step 2. Cut the Noodles

生地を麺状に切り出し、麺は様々な形や太さになります。麺の形はストレートやちぢれで、麺の太さは切刃(スリッター)のサイズで変わります。切刃(スリッター)の番手の数字が大きいほど、麺は細くなり、その後、1食分に分けられます。

Step 3. Pack & Ship

一定期間、麺を寝かせた後、包装・箱詰めされます。鮮度を保つために冷凍保存した麺は卸業者に配送され、全米・カナダ・メキシコのレストランやスーパーに届けられます。